元ローン担当者の少しマニアな独り言~不動産投資家になられる方に知っていただきたい不動産のお話~

不動産関連業務キャリア数十年のオリックス銀行元ローン担当者が、いままでの経験から皆さまに知っていただきたい不動産のお話を連載で綴っていきます。

第3話
「融資審査書類が改ざんされてる!?そのときオリックス銀行は」

不動産の価格が上がってきたり、金融緩和が進んできたり、不動産投資の環境が良くなると往々にして起きるのが業界の不祥事です。
私も過去に何度か市場の波に翻弄されたものです。思い起こせば、特に30年以上前のいわゆるバブル期の「浮かれ過ぎた日本社会」で起きたさまざまな不祥事の何とも情けないこと。できればその時代のことも語りたいのですが、ここでは語り尽くせないので、またいつかの機会に。
今回は、ほんの3~4年前に起きた「シェアハウス問題」に絡んだ一連の不祥事が世間を賑わせたころの、「自己資金」に関連した審査書類の改ざんにまつわる問題に少々触れてみたいと思います。

なぜ預金通帳コピーの改ざんが起きたのか

当社では、お客さまの融資審査をする際に預金額を確認させていただいています。もちろん年間の給与所得、すなわちフローの数値だけで資力を推し量ることができる場合もありますが、一般的なサラリーマン投資家にとってやや金額の張る投資用不動産の借り入れ申し込みですので、万一に備えて資産背景、すなわちストックをチェックさせていただくのが原則です。
「シェアハウス問題」に関与した金融機関も、おおむね似た理由で預金額を審査資料としてチェックしていたのではないかと察しますが、そこで起きたのが預金通帳のコピーの改ざんでした。「融資が通らなければ物件を売ることができない不動産業者」を取り巻く当事者のさまざまな思惑が、この不祥事を生んだのだと思います。
預金通帳のコピーに手を加えて預金残高を膨らますことなどは、現代の画像処理技術をもってすればいとも簡単で、その手法はテレビ報道で紹介されたりしていました(念のため申し添えますが、私文書偽造は当然のことながら立派な犯罪行為です)。
不動産業者の手により簡単に預金通帳のコピーの改ざんが行われ、本来であれば融資審査に通らないはずのお客さまが過剰融資を受ける羽目に陥り、社会問題に発展しました。そして、不動産業者と金融機関の職員が通謀していたという衝撃的な事実も露呈したのでした。

証左確認に対するオリックス銀行の姿勢

当社はどうなのかと申しますと、審査時に確認した預金通帳のコピーの中に偽造されたものが一切無かったと断言するのは難しいのが正直なところです。ただし、融資を行う前にお客さまと面談をしていますので、その際に、お客さまに提出していただいた資料を直接再確認したり、内容について再度尋ねたりしています。ですから、万一、不動産業者が預金通帳のコピーを改ざんしていたら、この時に気付くはずです。少なくともお客さまが知らないうちに不動産業者が勝手に預金通帳のコピーを改ざんしていた、ということは起き得ない体制になっているのです。
当社は、常にお客さまの立場にたって考えることが重要と考えています。面談の場でいろいろな説明や確認をさせていただくのも、お客さまが予期せぬ損害を受けないようにするためです。その面談の場を経てもなお、明るみに出ずに融資を行うことがあれば、それは当社側の落ち度か、あるいは、お客さまと不動産業者が口裏を合わせているか、いずれかのケースだと思わざるを得ません。

自己資金投入割合の改ざん

さて、預金通帳のコピーの改ざんの他に、売買契約書を2種類作成、あるいは売買契約書のコピーの金額を改ざんして、自己資金投入割合を大きく見せようとする手法が昔はよく見受けられました。手の込んだ悪知恵と言うか、おそらく金融機関を騙そうとしたに違いないと思われる事例を2つ紹介します。