不動産投資の成功に役立つ資格!取得するメリットと注意点も解説
(画像=metamorworks/stock.adobe.com)

不動産投資で成功するために資格を取得するべきか悩んでいないだろうか。資格がなくても不動産投資を始めることは可能だ。しかし資格を取得して知識を習得しておけば物件選びや投資判断に活かすことができる。今回は、不動産投資に役立つ資格や取得するメリット、注意点について詳しく解説していく。

不動産投資で成功するには知識を習得しておくことが望ましい

不動産投資で成功するには、関連知識を習得しておくことが理想といえるだろう。具体的にどのような知識が必要になるのだろうか。まずは、不動産投資に必要な知識と習得によって期待できる効果について説明する。

不動産投資に必要な知識

不動産投資を始めるなら不動産や会計・税務の基礎知識を習得しておくのが望ましい。不動産投資で成功する方法の1つには、収益性の高い物件に投資することが挙げられるだろう。不動産の知識がないと不動産会社に物件を紹介されても購入すべき収益性の高い物件かを判断することは難しくなる。また家賃収入を得た場合は、収支を正確に確定申告することが必要だ。

確定申告自体は税理士に任せることも可能だが、会計や税務の基礎知識があれば自分で経営状況を把握できるため、習得しておくといい知識といえる。

知識習得で期待できる効果

不動産や会計・税務の知識を習得すれば以下のような効果が期待できる。

  • 優良物件を見極める力がつく
  • 詐欺やトラブルに対処しやすくなる
  • 不動産投資の経営状況を把握できる
  • 確定申告書の内容が理解できる
  • 節税対策ができる

不動産会社から紹介された物件が優良物件とは限らない。また詐欺やトラブルに巻き込まれる可能性もあるだろう。しかし不動産についての知識があれば紹介物件の良し悪しを判断しやすくなる。また詐欺かどうかを見極められるようになりトラブルに遭遇しても冷静に対処できるだろう。

不動産投資では、家賃収入や経費、ローン返済などを考慮して投資判断を行わなくてはならない。会計や税務の知識があれば経営状況を把握しやすくなり、自らの判断で節税対策を実行することも可能になる。

不動産に関する資格を取得するメリット

不動産投資をする際に資格を取得する主なメリットは、以下の3つだ。

不動産投資に役立つ専門知識を習得できる

資格を取得すると不動産投資に役立つ専門知識を習得できる。例えば不動産関連の資格なら物件選びや不動産取引、物件管理などにも役立つことが想定される。また会計・税務関連の資格であれば収支シミュレーションや確定申告、節税対策に活用できるだろう。不動産会社や税理士などの専門家にサポートを依頼する際も説明内容が理解できるため、コミュニケーションがとりやすくなるだろう。

目標が明確になる

資格の取得は、目標が明確になり勉強のモチベーションを維持できるのもメリットだ。知識の習得が不動産投資に役立つと理解できても目標がないと勉強を続けるのは難しい。資格勉強は、学ぶ内容や範囲が決まっており市販のテキストや通信講座などを利用できるので勉強しやすい仕組みといえる。

不動産投資の成功に役立つ資格

ここでは、不動産投資の成功に役立つ資格をする。不動産投資のために何か資格を取得したい場合は、以下4つから検討するといいだろう。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産取引の専門家であることを示す国家資格だ。宅地建物取引業(不動産の売買、賃貸物件のあっせんなど)を営む際に必要な資格で不動産取引の際に行う重要事項説明は、宅地建物取引士の独占業務である。宅地建物取引士を取得すれば物件購入の際に重要事項説明や不動産取引の内容を理解できるようになるだろう。

資格試験は、毎年1回、10月に実施され民法や宅建業法、法令上の制限、不動産に関する税金などの知識が問われる。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(FP)は、家計などの相談に対応するお金の専門家だ。資格を取得すると住宅ローンや保険、年金制度、相続といった幅広いお金の知識を習得できる。不動産投資では、不動産取引の基礎知識や税制などを理解するのに役立つ。ファイナンシャルプランナーは、国家資格であるFP技能士(1~3級)と、民間資格(日本FP協会)のAFP・CFP資格がある。

AFPはFP2級、CFPはFP1級相当だ。まずは、FP2~3級程度から取得を目標にするといいだろう。

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は、賃貸住宅管理に関する知識や技能を持つ専門家だ。従来は、民間資格だったが賃貸住宅のニーズが高まっていることから国家資格へ移行された。賃貸管理に関する専門知識を習得できるので、物件取得後の賃貸管理業務に活用できる。

簿記検定

簿記は、日々の経営活動を記録して企業の財政状態や経営成績を明らかにする手続きだ。不動産投資では、帳簿作成やキャッシュフローの把握、確定申告などに役立つ。3級を取得するだけでも貸借対照表や損益計算書の見方が分かり不動産投資の経営状況を理解できるようになるだろう。

取得は難しいが知識があるといい資格

取得は難しいが知識があるといい資格を3つ紹介していく。難易度が高いため、積極的に取得する必要はないが余裕があればチャレンジしてみてほしい。

マンション管理士

マンション管理士は、マンション管理組合の管理者や区分所有者から相談があった場合、助言・指導を行うマンション管理の専門家だ。区分所有に関する法律や管理組合の運営、建物の構造・設備、長期修繕計画などマンション管理について幅広い知識が求められる。マンション管理の専門知識を習得できるため、マンション経営を行う場合に向いているだろう。

不動産鑑定士

不動産鑑定士は、不動産の適正な価値を評価する国家資格だ。土地や建物などの鑑定評価を行い「不動産鑑定評価書」を作成するのは、不動産鑑定士だけに認められる独占業務となっている。鑑定評価に基づいて土地の有効利用などのコンサルティングも行えるため、自身の不動産投資にも活かせるだろう。

税理士

税理士は、納税者の代わりに確定申告書を作成したり税務相談に応じたりできる税金の専門家だ。「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の3つは、税理士の独占業務となっている。会計や税金の専門知識を習得できるため、不動産投資では節税対策や確定申告などに役立つ。

資格取得を目指す際の注意点

不動産投資のために資格取得を目指す際は、以下の2つに注意が必要だ。

資格取得を目的にしない

資格取得は、あくまでも不動産投資で成功するための知識を習得することが目的だ。たとえ資格試験に合格できたとしても不動産投資に活かせなければ意味がない。資格取得そのものが目的になってしまわないように注意しよう。

時間や費用をかけすぎない

資格取得に時間をかけすぎると本業やプライベートに支障が出る恐れがある。また講座の受講料やテキスト代、受験料などまとまったお金がかかるケースもあるだろう。費用をかけすぎると不動産投資の収益を圧迫するため、費用対効果を意識して取得する資格を見極めることが大切だ。

資格を取得することは有効な手段の一つ

不動産投資に必要な知識を習得する場合、資格取得は有効な手段の一つである。ただし資格を取得しなくても不動産投資を始めることは可能だ。不動産投資の成功に役立つように費用対効果を意識しながら資格取得に取り組もう。

manabu不動産投資に会員登録することで、下の3つの特典を受け取ることができます。

①会員限定のオリジナル記事が読める
②気になる著者をフォローできる
③気になる記事をクリップしてまとめ読みできる

- コラムに関する注意事項 -

本コラムは一般的な情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘することを目的とするものではありません。
当社が信頼できると判断した情報源から入手した情報に基づきますが、その正確性や確実性を保証するものではありません。
外部執筆者の方に本コラムを執筆いただいていますが、その内容は執筆者本人の見解等に基づくものであり、当社の見解等を示すものではありません。
本コラムの記載内容は、予告なしに変更されることがあります。